京都風呂敷どっとこむのおすすめ

和風のイメージがあるかもしれませんが、洋風のアイテムとしても使う事ができます。

確かに着物姿に両手で抱えている姿は、とても絵になります。
昔からあるシンプルなデザインはもちろん、
今どきのファッションにも合わせられるような
デザインが揃っています。

中でも洋柄はおすすめです。色使いもカラフルで、
まるで風景画のような美しいデザインが魅力的です。

プレゼントの包装紙の代わりにもおすすめです。

ワインの瓶を包んでプレゼントするなら、
きっと喜ばれるはずです。

ワインボトルを包む

紙と違ってどんな形のものも包むことができる優れものです。
普通の包装紙にリボンを合わせるよりも格段に差がつきます。

京都風呂敷どっとこむでは、色々な大きさがあるので、
用途に合わせて選ぶことができます。

最も小さいサイズは五十センチ四方で、スカーフの代わりに
使うこともおすすめです。

旅行の時には荷物の仕分けバッグにもなります。

他にも、おすすめの使い方として、インテリアのファブリックに使うことです。

京都風呂敷どっとこむには、畳んでしまうのがもったいない
素敵な絵柄のものがそろっています。

家具の上やソファーの上に広げるだけで、
お部屋のアクセントになるでしょう。

風呂敷とインテリア

渋い和柄で自由自在の使い方

風呂敷は男性でも愛用者がたくさんいます。
最近はバッグの代わりに使うことが流行りです。

クラッチバッグのようにしたり、手提げバッグにして
自転車に結んだりして使うことができます。

他にも包み方によってはリュックのようにすることができます。

流行りの渋い和柄風呂敷でするなら、おしゃれで絵になります。

荷物がなくなったら畳んで小さくなるので、おしゃれであるだけでなくとても便利です。

バンダナとして首や頭に巻くことも素敵です。

着物姿にはもちろん似合いますが、流行りのファッションにもピッタリです。
全身のどこかに渋い風呂敷をアイテムとして取り入れるのは、
おしゃれ上級者のようなイメージを与えるでしょう。

クッションを包む方法も人気があります。
好みの色で包むならクッションを保護するだけでなく、
お部屋に明るいイメージを与えるでしょう。

このように使い方はとてもたくさんあり、
ネットを通して様々なアイデアを知ることができます。

昔からあり、現代でも役に立つ日本の伝統文化の一つと言えるでしょう。

実際海外でも非常に人気があり、日本に旅行に来た際の
おみやげとして定番商品になっています。

また、外国人へのプレゼントとしても喜ばれています。